久能山の真恒

久能山の真恒(くのうざんのさねつね)  

太刀
銘 真恒
桐紋絲巻太刀
二尺九寸五分(刃長89.4cm 反り3.9cm 元幅3.5cm 先幅2.2cm 鋒長3.5cm)
国宝
久能山東照宮所蔵(静岡市駿河区)

  • 真恒は古備前正恒派の刀工
  • 「久能山の真恒」は真恒の代表作とされ、長大さ、健全さ、傑作という点で名物大包平にも匹敵するといわれる。
  • 白鞘鞘書

    元和三巳年大徳院様御進献 備前国真恒御太刀
    長貳尺九寸九分 表裏樋有之 反壹寸参分
    安政五年戊午三月御砥 木屋常十郎

  • 鎬造り、庵棟、切先猪首、重ね厚く、身幅広い。腰反り高く踏ん張り強い雄大な姿。
  • うぶ中心、「眞恒」の二字銘。

来歴  

  • 元和2年(1616年)4月に薨去した家康の遺命により、元和3年、久能山東照宮の社殿が造営された。
  • 「久能山の真恒」は、その際に2代将軍徳川秀忠が久能山に奉納したものである。
    朝廷から東照社に宮号「東照宮」が宣下されるのは正保2年(1645年)であり、それまでは正確には久能山東照社である。
  • 久能山東照宮所蔵の「ソハヤツルギウツスナリ」と双璧とされる。
  • 金梨地桐紋蒔絵の鞘に赤銅魚々子地金色絵桐紋散らし総金具の糸巻太刀拵が付属する。
  • 明治45年(1912年)9月3日に旧国宝指定。
  • 昭和26年(1951年)6月9日に国宝指定。