中川江

中川江(なかがわごう)  


無銘 伝郷義弘
二尺二寸二分

  • 享保名物帳所載

    中川江 無銘長二尺二寸二分 代五千貫 御物
    織田城之助信忠公御所持、織田駿河守忠政へ下さる、駿河守事子細あって中川八右衛門と称す、子息宗半、孫八郎右衛門迄伝ふ、其頃津田長門と云仁、物数寄なる人にて此刀拵を為すに大部に反(そり)を伏せ直(すぐ)に致され、鷹野指に用ひらる、作は左文字と唱へ国中目利稽古の刻借り申候由なり、其以後軽く払て外の道具に仕替申度由、光甫方へ頼み来る、是は郷と相見へ候過分の代附可申、払候事を差留恰好直し、光室極め百枚になり八郎右衛門以の外大悦、光甫馬好き故「いすか」と云鼻曲りたる馬と黄金従妹給はる、其節小松中納言殿より良き馬を下され外にも有之候間、黄金壹枚は入用に留め可、馬と黄金九枚返進申也、秀忠公召上られ、越前三位宰相忠直卿へ下さる、越後守伝はり、延宝四年五千貫の代付になり隠居の刻、家綱公へ上る、公御遺物として尾張中納言殿拝領

  • 異本では一尺三寸四分無代とする。
  • もとは刃長二尺三寸四分、のち二尺二寸二分へと磨上。反り四分四厘。鋩子の差表は焼き詰めてあるが裏は尖っている。中心大磨上、無銘、目釘孔2個。

由来  

  • 中川重政所持にちなむ。

来歴  

  • はじめ織田信忠所持であったが、織田駿河守忠政(中川重政)に下された。
  • 重政は、のちに中川八郎右衛門と改名した。
    中川重政は、父は織田刑部大輔、織田信長の叔父・信次の孫にあたるといわれる。
  • 重政から子の中川光重(出家後は宗半、巨海斎と号す)に伝わる。中川光重の子孫は、中川八郎右衛門家として加賀藩で代々五千石を給された。
  • この「中川江」は、養子の八郎右衛門(中川長勝宗伴。光重宗半弟の中川半左衛門忠勝の長男。光重宗半二女を娶る)に伝わり、さらに養子の中川八郎右衛門長種(長勝の妹が嫁した瀬川蔵人の子)に伝わる。
  • 中川長種は五千石の大身で、凝った拵えを好みとし愛刀家の津田長門守忠治に依頼している。反りを伏せ、当時流行の無反りの刀にした上で、拵えを付けさせた。それを鷹狩の時に差料にしたという。
  • 当時は「左文字」(左安吉)の作と唱えていたが、本阿弥光甫郷義弘と極め、本阿弥光室が百枚とした。
  • 八郎右衛門は大喜びし、馬好きの光甫に「鶍(いすか)」という鼻の曲がった馬と、黄金十枚を渡したという。しかし光甫はすでに前田利常から拝領の馬を初め其他にも持っていたため、黄金一枚だけを受け取り鶍と黄金九枚を返している。
  • その後、この話を聞いた徳川秀忠に献上され、越前宰相松平忠直、さらに将軍徳川家綱へと伝わる。
    寛永6年(1629年)12月7日の松平光長の元服祝いに家光より拝領ともいう。
  • 延宝4年(1676年)本阿弥家から五千貫の折紙を出している。
  • こののち、松平光長から従兄弟に当たる越前福井藩主の松平光通に伝わり、その子昌親が延宝4年(1676年)8月26日に隠居挨拶として将軍家に献上した。
  • 延宝8年(1680年))5月8日に将軍家綱が薨去し、遺物として尾張中納言光友に下賜される。

    廿七日寺の御法會結願により。(略) 尾張中納言光友卿に中川郷の御刀。

  • 光友の孫、尾張吉通が正徳3年(1713年)7月26日に薨去すると、その形見として将軍家に献上される。
  • 以後将軍家に伝来し、終戦後徳川家を出て佐野美術館所蔵となる。




中川義弘  

  • この中川江とは別物と思われる「中川義弘」という刀がある。
  • 寛永9年(1632年)正月に徳川秀忠が薨去した際に、形見分けとして前田光高に贈られている。

    後秀忠の遺物を諸侯に分かつに及び、利常は松井貞宗の刀及び銀一萬枚、世子光高は中川義弘の刀を受く。