上部当麻

上部当麻(うわべたいま)  

短刀
無銘 当麻
金粉銘 當麻/本阿(花押)
名物 上部当麻(城和泉当麻)
八寸七分二厘
特別重要刀剣
個人蔵

  • かんべたいまとも。
  • 享保名物帳所載

    上部当麻 朱銘長八寸七分 代五千貫 紀伊殿
    表劒、裏菖蒲、伊勢上部越中貞長所持、伏見の古道具店にて代金一枚に定め、旅宿に歸り黄金一枚紙にも包ずして懐中仕り、彼道具屋へ持参。相渡す節に至り、金無之、途中に落としたると存じ、立歸る道すがら尋ける處、道に有之、悦び又道具屋方へ走り金子を渡し、脇差を受取り歸り草臥牀間へ行き帯を解けるとき懐中より黄金出る、右道具屋へ渡したる黄金は不慮に拾いたるなり、其後轉々して松平故下総守殿にあり、右の次第は上部と別(懇か)の大黒屋宗栄と申者物語なり、正保二年下総守殿事鶴千代殿より来る、三千貫、小書に城和泉守殿に有之と記すに付、城半右衛門殿へ光山尋らる和泉を織部と申時、大神宮の御道具なり仔細あって代成し候間、百貫に御召給り候へ御師三人来り申に付、黄金七枚にて求候由、其後松平下総守殿へ拂遣し候由両様なり、城和泉、織部、半右衛門萬治ごろ下総守殿より御拂、松平故出羽守殿求め寛文元年に光温へ来り、庵を三棟に直し同二年に二百枚なり、為遺物家綱公へ上る、貞享三年鶴姫君様御入輿の刻代上り朱銘出来、紀伊中納言殿拝領

刀工当麻  

  • 当麻は大和五派の一つである当麻寺に属していた刀工集団。大和鍛冶は僧兵の出現と共に各寺院のお抱え工として栄えた。

由来  

  • 伊勢神宮御師の上部(うわべ)越中守貞永所持にちなむ。

来歴  

  • 伊勢神宮御師の上部貞永が伏見に出た時、古道具屋にて代金一枚で購入。
    この時、一度旅籠に戻って古道具屋に着くと、入れたはずのお金が懐中になかった。旅籠に引き返しながら探すと、道中に黄金一枚が落ちているのを発見し、古道具屋に戻って当麻の短刀を買う。旅籠に戻って帯を解くと持っていた黄金が落ち、拾ったお金で短刀を買ったことになった。

    ※上部貞永ではなく、大黒屋宋栄の話しであるともいう。
  • 無銘であったため本阿弥光徳に見せると、大和当麻で、代金百枚の折紙が付いた。
  • 慶長(1596)ごろになり、伊勢神宮の御師3名が徳川家臣城織部昌茂のもとを訪れ、百貫で譲るといったため、大神宮のものならばということで黄金七枚で買い上げている。
  • 城昌茂は、慶長13年(1608年)に埋忠寿斎に金具を造らせ、拵えを新調している。城昌茂は大阪夏の陣で軍令違反を犯し改易となったためこの当麻も手放すことになり、本阿弥光栄が金十五枚で購入し、郡山藩主松平下総守(奥平松平家の祖、松平忠明か)が買い上げた。
    城昌茂は「城和泉正宗」にも名を残す。
  • 正保2年(1645年)、子の松平忠弘(奥平松平家2代)の時に百五十枚に改まる。その後万治(1658)ごろに売りに出し、松江藩主松平出羽守直政(直政系越前松平家宗家初代、出雲松江藩の初代藩主)が購入している。
  • 寛文元年(1661年)に本阿弥光温が造りを三つ棟に直し、翌年200枚と極め折り紙をつける。この時の長は八寸七分二厘。
  • 松平直政死後、寛文6年(1666年)に遺物として将軍家(4代家綱)に献上した。
  • 貞享2年(1685年)、綱吉の息女鶴姫が紀州3代綱教に輿入れする際に引き出物にするため、本阿弥光常が茎に朱銘を入れさせ、代5000貫の折り紙をつける。その後綱教の父である光貞に贈っている。
  • 以降紀州家に伝来。
  • 昭和2年売立にだされ、2398円で今井貞次郎氏(道具商、八方堂主人)が落札する。
  • 昭和11年9月12日に重要美術品指定。徳川家達公爵所持。




上部当麻と桑山当麻の混同  

  • 享保名物帳には、「今一腰上部と申す名物有之云々」と書かれている。
  • これは、本来桑山伊賀守元晴の所持品であったが、紀州家の所有となり、道具替えで尾州家に移ったもので、昔から「桑山当麻」と呼ばれた名物であったという。ところが、別に一腰「上部」と名付ける名物があり、それとこれとが入れ違って折り紙に上部と書かれてしまったと記されている。
  • さらに享保名物帳では、表は剣、裏は菖蒲樋とあり、また朱銘、代金三百枚とも書いている。しかしこの短刀には表に素剣、裏に護摩著を掘り、茎には朱銘の跡らしいものが見えないので疑問が残る。

    上部当麻 桑山トモ 朱銘長八寸三分半 代金三百枚 御物

  • しかし白鞘には「正徳三年十二月十一日 上部当麻 無代 長八寸三分 徳川五郎太殿御遺物」とあり、この”五郎太”は吉通のこととされるが、道具替えのあとは上部と呼ばれていた事が知れる。
  • なお桑山伊賀守元晴は大和の葛上郡に所領を持っていた関係から、この短刀の他にも大和物の名物桑山保昌」の短刀も持っている

上部氏  

  • なお「上部」とは、上部越中守貞永のことを指している。
  • 伊勢神宮外宮の権禰宜。
  • 本姓は度会(わたらい)氏。
  • 天正10年(1582年)には堀秀政を通じて信長に式年遷宮の復活を願い出ており、信長はこれに対して造営費用3000貫を寄進し、上部貞永を造営奉行に任命している。
  • 本能寺の変で遷宮は中断するが、天正12年(1584年)に秀吉が金250枚を寄進したことで遷宮が再開され、天正13年(1585年)皇大神宮および豊受大神宮(外宮)の遷宮が挙行された。


度会永元  

  • 貞永の父は外宮禰宜の永元(字治山田市史)とされる。天正2年(1574年)10月1日、信長より尾張における檀那職を安堵され、同9年12月16日には信忠より買得分の安堵を受けているため、織田家の支配の下に置かれた人物であることがわかっている。