上杉江

上杉郷(うえすぎごう)  

太刀
無銘 郷義弘
謙信佩刀

  • 享保名物帳所載(ヤケ)

    上杉郷 磨上長二尺七寸三分 代金五百枚 御物
    上杉弾正殿所持、光甫錆身の内より見出し無代にて隠居の刻上がる、於御城右の通り究る光温

由来  

  • 上杉謙信佩用にちなむ。

来歴  

  • 謙信の頃から上杉家にあったが、同家ではつまらぬ刀として錆身のまま放置していたという。
  • 正保(1644年ごろ)になって本阿弥光甫がもらって帰り研いだところ、郷義弘と鑑定された。折紙は付けないまま光甫隠居の際に将軍家に献上。
  • 本阿弥光温を呼び出し鑑定させたところ、五百枚の折紙がついた。