上杉太刀

上杉太刀(うえすぎたち)  

太刀
銘 一
号 上杉太刀
群鳥文兵庫鎖太刀(ぐんちょうもんひょうごぐさりのたち)
刃長二尺五寸三分(76.1cm)
国宝
東京国立博物館所蔵

  • 刀身は備前国福岡一文字派太刀で、目釘孔1個。茎(なかご)に「一」の銘がきられている。

兵庫鎖太刀  

  • 兵庫鎖太刀は、鞘(さや)の上部に付く帯取(おびとり)に兵具用の鎖を用いた太刀
  • 平安・鎌倉時代には公家や武家の実用の太刀として好んで用いられ、のち社寺への奉納用としても製作された。

来歴  

  • 関東管領の上杉家に伝来し、上杉家から伊豆国一宮である三嶋大社(静岡県三島市)に奉納されたため、「上杉太刀」と呼ばれる。
  • 明治になって、明治天皇が巡幸のおりに三嶋大社に三度立ち寄られ、その際にこの「上杉太刀」と「北条太刀」にいたく関心を示されたという。
  • 明治20年(1887年)5月、この二刀は三嶋大社から皇室に献上された。
  • 現在は国宝指定で、東京国立博物館所蔵