上龍下龍正宗

上り竜下り竜正宗(のぼりりゅうくだりりゅうまさむね)  

短刀
銘 正宗
刃長八寸四分

  • 「上り竜下り竜正宗(上龍下龍正宗)」「のぼり竜正宗」「のぼる竜正宗」などとも
  • 享保名物帳所載(ヤケ)

    上下龍正宗 長八寸四分 無代 御物
    表裏刀樋忠先まで掻通し、表倶利伽羅、裏下り龍に釼あり、直刃銘樋へかゝり半分見える

  • 表裏とも幅広の刀樋を中心先まで通し、その中に差表には剣巻き竜、裏には下り竜が三鈷柄の剣の切先をつかむ。鋩子は小丸でやや長く返る。
  • 中心はうぶ、目釘孔瓢箪形。銘「正宗」二字銘で樋にかかり半分は消える。

由来  

  • 彫物に由来する。

来歴  

信長  

  • 天正8年(1580年)に津田宗及が拝見している。

秀吉  

  • のち秀吉が入手し、一之箱に収めた。本阿弥光徳が押形を採っている。

    一之箱 のほりれう正宗
    御物、のほり龍、長さ八寸四分、ヤ。上り龍正宗、銘正宗
    上龍 八寸四分 銘 正宗

家康  

  • 大坂落城の際に焼けるが、越前康継により再刃され引き続き徳川将軍家に伝来した。

水戸家  

  • 何時ごろからか、水戸徳川家に伝来。
  • 大正9年の関東大震災時の火災で焼けている。

    正宗刀 在銘 昇降龍の彫あり
    長八寸三分 ハバキ元八分九厘 厚二分二厘
    傳云、豊関白所蔵、有吉光義弘等之名刀、正宗亦其一也、大坂之敗也、悉皆罹兵火、公家拝謁之、乃命劍工越前康継更焼其刄云

    従来、水戸徳川家所蔵の刀剣類は関東大震災でことごとく焼失したと伝えられてきた。しかし2015年5月に、水戸ミュージアムで燭台切光忠が焼身の状態で保存されていることが判明した。詳細は不明だが、この「上り竜下り竜正宗」を含め他の刀も状態はさておくとして残っている可能性がある。