三日月宗近

三日月宗近(みかづきむねちか)  

太刀
銘 三条 (名物 三日月宗近)
刃長80.0cm、反り2.7cm、元幅2.9cm
附 糸巻太刀拵鞘
国宝
東京国立博物館所蔵

  • 享保名物帳所載

    三日月宗近 三条ト在銘長二尺六寸四分半 御物
    三ヶ月と申す仔細は三ヶ月形の打のけ数々有之依て名付たる由、秀吉公御後室高台院殿(ねね)御召仕に山中鹿之助と申者あり此者に一度下され候事有之此者常々三日月を信仰して武具に三ヶ月を記す御拵に三ヶ月あるは右の者所持の内拵へ其造りの儘にて候哉、台徳院様(2代秀忠)へ高台院殿御遺物として遣さる三條と銘有り

  • 中心うぶ、雉股形。目釘孔3個でうち2個は埋める。鎺元近くの佩き裏に三条の二字銘。
  • 糸巻太刀は、金平目地に五七桐紋を金蒔絵し、赤銅魚々子地に三日月、雲、桐を配した金具を施した桃山時代の鞘。

由来  

  • 三日月の異名は、刃縁に沿って続く打ちのけがあたかも三日月のように見えることから付けられた。
  • 長享2年(1488年)ごろの刀剣書「長享銘尽」に、三条小鍛冶宗近に対して「三日月ト云太刀造之」との説明があり、室町期からすでにこの号で呼ばれていたことがわかる。

    宗近 三条小鍛治、寛和元乙酉御即位御門ヲ一条ノ院ト申、神武ヨリ六十六代也。此作中子ツチ目也峯少丸ヤウナリ。後鳥羽院御釼鵜丸造之。少納言入道信西所持ノ釼同。釼名ノ打ヤウ三条宗近トモ打。只三条トモ打。三日月ト云太刀造之。寺丸ト云釼也。又畠山庄司次郎重忠太刀三尺一寸造之。又弁慶長刀岩融三尺五寸造之。

来歴  

  • もと日野権大納言内光所持。
    日野内光は徳大寺実淳の次男。長享3年(1489年)生まれ、明応4年(1495年)に日野富子の兄日野勝光の息子である日野政資が嗣子なく没したため、その生前の遺言によって日野家を継ぐこととなった。「長享銘尽」の成立年代が正しければ、日野内光が所持したときにはすでに「三日月」の号があったことになるが、これ以前の来歴は不明。
     日野内光は大永7年(1527年)の桂川原の戦いにおいて、12代将軍足利義晴擁する細川高国軍(高国父、政春の従兄弟)に所属し、2月13日に討ち死にしている。

    現存刀にも物打ちより少し下に切り込みが残り、奮戦の跡をとどめる。
  • 一説に、日野内光の死後に友軍であった畠山卜山が菩提を弔うために高野山に納めたといい、また三日月宗近は、元は「五阿弥切り」とも呼ばれていたという。しかし卜山こと畠山尚順は、日野内光の死の5年前、大永2年(1522年)に淡路で死んでいるため、矛盾している。
  • 豊臣秀吉に伝わり、秀吉の正室北の政所(高台院・寧子)が所蔵する。
  • その薨去後、寛永元年(1624年)12月13日に遺物として徳川秀忠に贈られたという。
    埋忠銘鑑にも押形が載っているが、現存刀とはまったくの別物である。埋忠によると樋があり、太刀銘で中心の中程にある。目釘孔の位置もまったく異なる。
  • その後「三日月宗近」は将軍家に伝来。
  • 昭和4年(1929年)3月の日本名宝展覧会でも徳川家達公爵所持。
  • 昭和8年(1933年)1月23日旧国宝指定。

    昭和八年文部省告示第十五号
    太刀 銘三條

  • この頃、徳川宗家を出る。中島飛行機の中島喜代一所持の後、渡邊三郎氏所持となる。
  • 昭和26年(1951年)6月9日新国宝指定。渡邊誠一郎氏所持。

    文化財保護委員会告示第一号 
    太刀 銘三條(名物三日月宗近)
    附糸巻太刀拵鞘
    渡邊誠一郎




異説  

山中鹿之助  

  • 一時山中鹿之助が佩用し、その時に刀拵えに三日月紋を付したため三日月と号したという伝承がある。しかし「元暦ヨリ今ノ長享二年(1488年)迄三百五十年也」の記述がある「長享銘尽」で(つまり鹿之助の生まれる60年ほど前の書物)すでに「三日月」と呼ばれていたとの記述があり、矛盾している。
  • そもそも鹿之助の当時すでに天下五剣として鳴り響いており、それを鹿之助が佩用したとあれば、その旨記した書物が見つかってもおかしくはない。また三日月と名のある剣は多数あるためそれとの混同ということも考えられる。
  • 鹿之助は、「宗近」在銘の二尺二寸八分の太刀を佩用したという。その中に半月形の打ち除けがあったため「半月丸」と号した。菊桐紋付きの糸巻き刀拵えに入っていたという。
  • 「備前国住長船与三左衛門尉祐定作 山中鹿介脇指剣也 鯰江左京亮所持之」と在銘の二尺一寸二分の脇差もあった。重要美術品
  • 「伯耆国菊島住弓削新三郎正綱作 永禄十二年二月日 主山中鹿之介」と在銘の刃長二尺五寸五分の刀もあった。出雲新山城に立てこもった頃とされる。
  • 「備前州住長船藤兵衛尉藤原国光作之 天文八年二月吉日」と在銘の刃長二尺一寸二分の刀も佩用と伝わる。

別人鹿之助  

  • ある本に、高台院(秀吉正室、寧々)の近習に鹿之助と同姓同名の武将がおり、その山中幸盛とは別人の山中鹿之介なるものが一時佩用したと記載されているが、同様の理由で疑わしい。
    山中山城守長俊(山内橘内、山きち)の一族か?

タグ