三好正宗

三好正宗(みよしまさむね)  

短刀
銘 正宗
名物 三好正宗
8寸3分

  • 享保名物帳所載(ヤケ)

    三好正宗 長八寸三分 不知代 御物
    三好修理大夫殿光刹取次にて、金十六枚に求め子息修理大夫へ伝ふ、信長公へ上る、幽斎拝領三斎老へ伝へ佐々内蔵助三千貫に所望す、不同心なり長正寺殿へ上る、秀吉公へ上る、利家卿拝領利長卿へ伝り家康公へ上る。

  • 平造り、鋩子は尖り反り深い。中心うぶで正宗二字銘。

由来  

  • 三好家に伝来したことにちなむ。

来歴  

  • もとは三好長慶所持。
    越後三島郷の三島典膳が鎌倉に行って造らせたものという伝説がある。
  • 三好修理大夫長慶が本阿弥光刹から金十六枚にて購入し、子の左京大夫義継が信長に献上している。
  • 信長より細川幽斎が拝領し、子の忠興から秀吉に伝わる。このとき佐々成政が三千貫で購入しようとしたが断られたという。
  • その後豊臣秀次(長正寺殿)に献上され、さらに秀吉に献上される。
  • 慶長3年(1598年)の秀吉死後、御遺物として、前田利家に形見分けされた。

    大納言利家 三好正宗 金子三百枚

    • 前田利家には三好正宗と金三百枚
  • 利家が参内するときにはこれを差して秀頼と同車し、また諸大名の年賀を請けるときにもこの正宗を差し、秀頼を抱いたという。
  • のち子の利長へ伝わり、家康に献上されている。
  • 秀忠もこれを秘蔵第一とし、京都の本阿弥光瑳に研ぎに出している。後藤縫殿助に腰物係をつけ、持って行かせている。本阿弥では、下砥ぎから水仕立てまでを光由、拭いを光瑳、磨きを本阿弥光甫と分担して仕上げている。
  • その後明暦の火災で焼身となっている。
  • 明治の刀剣鑑定家今村長賀が「三好正宗と鞘書あり平造りにて反のある貞宗形の出忠無銘穴二つあり云々」と実見した後、行方がわからない。