七星剣

七星剣(しちせいけん)  

直刀
刃長2尺6分(62.4cm)
国宝
四天王寺所蔵、東京国立博物館寄託

  • 切刃造り。刀身には二筋樋を彫り、その中に七星、三星、雲形、竜頭などを金象嵌で表している。
  • 佩き表に上から、雲文、横一文字に三個の星、雲文、三角形に配した三個の星、雲文、北斗七星、雲文、雲文、青龍。
  • 佩き裏には、雲文、雲文、雲文、北斗七星、雲文、雲文、白虎。
    • 横一文字の三個の星は、河鼓三星(大将軍、左将軍、右将軍)、三角に配置された三個の星は三公(司徒、司空、太尉)であるともいう。

由来  

  • 北斗七星の象嵌により、「七星剣」と呼ばれる。

来歴  

  • 七星などの星宿をあがめる信仰は中国からきたもので、飛鳥時代ごろに日本に伝わり、飛鳥時代から奈良時代にかけて流行した。北斗七星の意匠を持つ「七星剣」はいくつか現存しているが、この四天王寺に伝わった「七星剣」はその中で最も有名な剣である。


他の七星剣  

  • 七星剣とは、中国の道教思想に基づいて北斗七星が意匠された刀剣の呼称であり、他にも存在する。
  • 一番高名なものが四天王寺のものであるが、ほかにも存在する。
日月護身剣
天皇の宝剣の一つで、刃長二尺二寸。刀身には、日、南斗六星、朱雀、青竜、月、北斗七星、玄武、白虎などが象嵌されていた。
法隆寺持国天の剣
聖徳太子建立の法隆寺所蔵の持国天蔵が持っている銅剣。「銅七星剣(七星文銅太刀)」。刃長一尺五寸五分。切刃造り。表裏に金象嵌で、上から雲文、北斗七星、雲文に日月、雲文、雲文に日月、雲文、山岳文を配す。
呉竹鞘御杖刀
正倉院の呉竹鞘杖刀にも七星文が描かれている。
稲荷山遺跡
1983年、千葉県成田市の稲荷山(とうかやま)遺跡にて七星剣が発見された。
一宮神社の鉄剣
1988年、元興寺文化財研究所の調査により七星剣であると発表。
三寅剣
長野県小海町松原の農家畠山家に伝わっていたもので、「三寅剣」(さんいんけん)と銘がある。七星文などの意匠がある。1994年に鑑定され、7-8世紀頃のものとされる。
禡祭剣
伝上杉謙信所用。重要文化財。上杉神社所蔵