一柳安吉

一柳安吉(ひとつやなぎやすよし)  

短刀
左安吉名物 一柳安吉)
1尺1分
重要文化財
東京国立博物館所蔵(渡邊誠一郎氏寄贈)

  • 左安吉は、銘に「左(さ)」と記す筑前国の刀工、左文字の子と伝えられる刀工である。
  • 享保名物帳」所載

    一柳安吉 長一尺六分 松平加賀守殿
    一柳監物所持、加州御預の監物殿にては無之、表裏刀樋影樋

  • 平造り、棒樋に連れ樋。真の棟。鋩子は乱れこんで角張り、わずかに返る。注進うぶで、目釘孔2個。「左安吉」と三字銘。

由来  

  • 美濃国の武将一柳直盛(ひとつやなぎなおもり)が所持していたことからこの名がつく。
    • 「加州御預の監物殿」とは、直盛の孫、伊予西条藩の第3代藩主の一柳直興のこと。寛文5年(1665年)7月29日、職務怠慢や失政などがとがめられ改易され、身柄は加賀藩の前田綱紀に預けられた。

来歴  

  • 一柳直盛は一柳直末の弟。天正18年(1590年)、小田原征伐で直末が戦死したため、跡を継いだ。
    兄の一柳直末は名物厚藤四郎」を所持したことがある。こちらは黒田如水に伝わった。
  • 直盛は寛永13年(1636年)6月に伊予西条に移されるが、同年8月に大坂において客死する。本刀は次男の美作守直家に与えられたと見え、同年本阿弥に鑑定に出され、千貫の折紙をつけさせた。
  • 3代藩主一柳直興まで伝わるが、41歳のとき幕命に従わず、改易されその身は加賀藩お預かりとなる。4代藩主前田綱紀はこの一柳直興の罪を解くことを周旋している。貞享3年(1686年)に遂に「領國中住居及召仕人の事勝手次第」との許しを得、金沢城に登って綱紀に拝謁し、謝礼を述べているが、すでに60歳を過ぎており眼病を患い失明していたという。恐らくこの時までに、「一柳安吉」は前田家に伝わったと思われる。
  • その後前田家に伝来した。前田家の記録では長一尺五分半。
  • 寛文2年(1662年)本阿弥に出され、金六十枚の折紙を付けている。その後百枚に値上がっている。
  • 江戸藩邸に保管しており、文化9年に本阿弥長根がお手入れしている。
  • 昭和のはじめに重要美術品指定。前田利為候爵所持。
  • 昭和14年に旧国宝指定。
  • 愛刀家渡邊三郎氏が所持するが、のち子息の渡邊誠一郎氏より東京国立博物館へ寄贈された。