一期一腰

Table of Contents

一期一腰(いちごひとこし)  

脇差
銘 奉富士本宮源式部丞信国/一期一腰応永卅二二年二月日
号 浅間丸
一尺四寸五分
重要文化財
富士山本宮浅間大社所蔵

  • 平造り、三棟、身幅広く寸延び。
  • 表裏棒樋の中に、表は蓮台の上に「富士浅間大菩薩」、裏は「伊勢天照皇大神」と浮き彫り。
  • 武田信玄の家臣、穴山信友の寄進状および漆塗の箱が付く。

    穴山信友寄進状
    駿河国富士大宮之御神宝刀一腰、号浅間丸、信国作一期一腰云々、去騒乱之砌失脚畢、然有不思議之便幸所尋出之也、苟機縁純熟者也、仍本州((駿河国))之太守義元(今川)源公之判形相添之、謹奉献納 御神殿、所仰依此丹誠、国家安全・武運長久・子孫蕃衍、両願円成之者、決定奉期 神感、伏希及遞代垂冥助給、恐惶敬白、
     于時天文十六歳舎丁未二月初二日
        武田伊豆守源信友(花押)
    富士大宮御宝前

    穴山信友箱書銘
    (箱蓋表)奉納富士大宮浅間大菩薩之社内刀一腰浅間丸 武田穴山伊豆守源信友(花押)
    (箱底表)于時天文十五歳舎丙午春三月十六日 甲州河内保食邑主、攸仰子孫繁衍如件、

由来  

  • 銘文「一期一腰応永卅二二年二月日」に由来する。
    応永34年(1427年)2月の作。文化財登録では応永廿二二年と読み、応永24年(1417年)作としている。
  • 「一期一腰」とは、一代の名作を造り上げたことを誇ったとする。

来歴  

  • 古くより、浅間神社所蔵。
  • 天文ころの騒乱で紛失する。
  • 再び発見され、穴山信友が天文16年(1547年)2月2日に再度寄進している。このとき漆塗の箱が添えられており、「奉納冨士大宮浅間大菩薩之社内刀一腰浅間丸」と書かれている。
  • 明治45年2月8日に重要文化財指定。




源清麿作「一期一腰の大・小」  


号 一期一腰の大
銘 源清麿/嘉永元年八月日
2尺2寸6分
個人蔵

脇指
号 一期一腰の小
銘 源清麿/嘉永元年八月日
1尺5寸9分
個人蔵

  • 幕末の刀工源清麿が嘉永元年(1848年)に打った刀。
  • 打刀と脇差のセットで「一期一腰の大・小」と呼ばれる。
  • 迫力のある大切先と華やかな刃紋が特徴的であり、嘉永7年に突如自殺する源清麿の最高傑作とされる。
    • 刀は目釘孔1個、目釘孔下に「源清麿


乃木神社所蔵「一期一腰」  


銘 備前国住長船次郎左衛門尉勝光子次郎兵衛尉治光/一期一腰作之佐々木伊予守
刃長64.7cm、元幅3.2cm、先幅2.4cm
重要文化財
乃木神社所蔵、東京国立博物館寄託

  • 備前長船治光の作(次郎左衛門尉勝光の子)
  • 鎬造り、庵棟、鍛板目、刃文湾れ足入り。
  • 帽子一枚帽子、中茎生ぶ、先栗尻、鑢目筋違、目釘孔2個。
  • 銘は、差表に「備前国住長船次郎左衛門尉勝光子次郎兵衛尉治光」、裏に「一期一腰作之佐々木伊予守」と入る。
  • 毛利元雄の寄進状が付く。
    • 毛利元雄は、長門長府藩の14代(最後の)藩主である毛利元敏の子。兄弟には、乃木希典の養子となった乃木元智や、毛利邦樹、多栄子(三条公輝室)らがいる。
      毛利元雄の娘に、津軽義孝伯爵(尾張徳川家の徳川義恕の子で津軽家を継いだ)に嫁いだ久子がいる。この娘の華子が常陸宮正仁親王妃となっている。常陸宮正仁親王は今上天皇の弟宮にあたる。

来歴  

  • 弟の乃木元智の縁で乃木神社に奉納したものと思われる。
  • 大正15年4月19日に重要文化財指定。




関連項目