一平安代(刀工)

一平安代(いちのひらやすよ)  

江戸時代の薩摩国の刀工
新刀最上作にして大業物
いっぺいやすよ

概要  

  • 薩摩、波平派の刀工
  • 父は一平安貞。俗称玉置小市。
  • 一平安代(いちのひらやすよ)、主馬首一平安代(しゅめのかみ いっぺいやすよ)
  • 延宝8年(1680年)4月19日~享保13年(1728年)11月28日

生涯  

  • 一平安貞(山城守安貞)の子、父および波平安国に学ぶ。
  • 41歳の時、享保5年諸国刀工の調べが行われる。
  • 同じ薩摩の刀工である主水正正清(宮原正清、御紋正清)とともに、享保6年(1721年)、八代将軍徳川吉宗の命により江戸にて作刀、その出来のよさから茎に葵一葉紋を切ることを許される。その後主馬首を受領。
  • 49歳で没。
  • 作柄としては、地金板目が良くつむ、刃文は広直刃など焼く。荒錵がつき華やかな作風。重要文化財重要美術品の刀がある。

著名作  

銘 一ツ葉葵紋。主馬首一平藤原安代作。鎬造り、庵棟、身幅は広く反り浅く中鋒。表裏に棒樋を掻き流す。生ぶなかご、目釘孔1個。表に将軍吉宗の命による鍛刀の旨と享保の干支があり、裏には棟寄りに「遥奉鈞命於薩州作之享保甲辰年」と長銘が入る。享保9年、将軍徳川吉宗の命を奉じて薩摩で鍛刀し、主水正正清とともに献上したもの。鹿児島県歴史資料センター黎明館所蔵
銘表 葵文 「主馬首一平安代敬白/享保拝辛卯年九月九日於薩州給黎郡作之」裏「奉寄進三百余社宝前 昔走台云懇菜蘋旌葵葉受爵芥身/家足恒産海溢實 好箇三尺報誉尊神」二尺八寸一分五厘。鎬造り。庵棟。鍛え板目。刃文乱れ。帽子丸。生ぶ茎、目釘孔1個。大正8年4月12日重要文化財指定。
銘「主馬首一平藤原安代」長72.7cm、反り1.8cm。鹿児島県指定の有形文化財。鹿児島県歴史資料センター黎明館所蔵

関連項目