一国兼光

一国兼光(いっこくかねみつ)  

太刀
銘 備前国長船兼光 文和二二年乙未十二月日
号 一国兼光
二尺四寸九分五厘、反り七分
重要文化財
土佐山内家宝物資料館所蔵(高知市鷹匠町)

  • 初代兼光の作
    • 文和四年は1355年
  • 表裏棒樋をかき流し、腰に細い添樋。中心磨上、表先に長銘、裏に年記銘。
  • 峰に切れ込み痕あり。

由来  

  • 紀州徳川家の頼宣が山内家に兼光があると聞き、藤堂高虎に譲渡の斡旋を頼むが、山内忠義は断る。高虎が「もし将軍家がご所望なら如何がなさる」かと問うても「土佐一国に変えても手放さぬ」と答えたために名付けられた。
    • 山内一豊が所持していたのを、秀吉が所望するも「土佐一国を召し上げられても兼光だけは手放せない」といった逸話も残るが、秀吉在命中は国持大名ではない(遠江国掛川城主6万石弱)であり、話が合わない。

来歴  

  • 土佐山内家2代藩主忠義が幕府から拝領。
  • その後は土佐一国にも値すると言われ、土佐山内家に伝わった。
  • 昭和4年(1929年)3月の日本名宝展覧会では山内豊景侯爵所持。
  • 昭和25年、重要文化財に指定。山内豊景侯爵所持。

兼光  

短刀
銘「備州長船兼光/延文二二年十月日」

  • 山内家には、上の一国兼光とは別に短刀の備前兼光が伝来した。
  • 延文四年は1359年。
  • 二筋樋、梵字、独鈷剣。目釘孔2個。
  • 山内公爵家伝来。