こぶ屋藤四郎

こぶ屋藤四郎(こぶやとうしろう)  

短刀
銘 吉光
名物 こぶや籐四郎
8寸2分半
京都国立博物館所蔵

  • 表裏刀樋。
  • 拵えは利休依頼により本阿弥光徳が作成したもので利休拵えと呼ばれる。赤銅の目貫は本阿弥家から譲り受けたもの。

由来  

  • 加州金沢の商人、こぶ屋が所持していたことにちなむ。

来歴  

  • 元は金沢の商人こぶ屋が所持していたという。
  • のち千利休所持。
  • 天正19年(1591年)、利休は秀吉の逆鱗に触れ、堺での蟄居を命じられる。
  • 前田利家や利休七哲のうち古田織部細川忠興ら大名である弟子たちが奔走したが、助命は適わず、京都に呼び戻された利休は聚楽屋敷内で切腹を命じられる。享年70。
  • 切腹の際に使用したのがこの「こぶ屋藤四郎」である。
  • 「こぶ屋藤四郎」は現存し、現在は京都国立博物館所蔵。