鍋通貞宗

※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

鍋通貞宗(なべとおしさだむね)  

脇差
名物 鍋通貞宗

由来  

  • 「鍋通し」は切れ味を示す号
    鍋通し正宗などにも同様の号が付いている。

来歴  

家康  

  • 元は家康の所持

秀頼  

  • 慶長16年(1611年)3月28日、いわゆる二条城会見において、家康が秀頼に送った脇指。
    • しかし、大坂側の記録ではそれは「鍋通し正宗」であるとする。

異説  

  • 名前の似たものに「鍋通し正宗」がある。ただしこちらは享保名物帳に「加賀様より右衛門督へ進せられ候刀歟」と記される。
  • しかし大坂側の「鍋通し正宗」の記録が正宗で一致していることから、享保名物帳では恐らく「鍋通貞宗」の伝来を「鍋通し正宗」として載せてしまっているのではないかと思われるが詳細はわからない。