鍋通貞宗

鍋通貞宗(なべとおしさだむね)  

脇差
名物 鍋通貞宗

由来  

  • 「鍋通し」は切れ味を示す号
    鍋通し正宗などにも同様の号が付いている。

来歴  

家康  

  • 元は家康の所持

秀頼  

  • 慶長16年(1611年)3月28日、いわゆる二条城会見において、家康が秀頼に送った脇指。
  • 豊臣家御腰物帳の一之箱の追記部「大御所様ゟ被進之候 但慶長十六年三月御上洛之時」に、「鍋通御脇差」として記載されている。

    一之箱 鍋とをしの御脇差 此箱え入 但太閤様以後
    豊臣家御腰物帳

  • 名前の似たものに「鍋通し正宗」がある。ただしこちらは享保名物帳に「加賀様より右衛門督へ進せられ候刀歟」と記される。