諸国鍛冶寄

諸国鍛冶寄(しょこくかじよせ)  

刀剣書

  • 慶長以前の成立と見られる刀剣書。
  • 奥書

    慶長十九年極月吉辰
         深尾四郎右衛門
             眞継(花押)
      授與
       岡部二郎兵衛殿

    • 慶長19年は1614年。

概要  

  • 「デジコレ」リンクは直接そのページにリンクしています。
  1. 諸国鍛冶上寄 デジコレ

    天国、神息、天座、菊作、行重(奥州住舞草)、安綱、眞守、宗近、国友(粟田口)、久国、国吉粟田口)、国綱粟田口)、吉定(粟田口)、元真(筑後住號傳太)、定秀(豊後彦山學頭)、行平同國住紀新太夫)、正宗相州鎌倉住)、義弘(越中松倉

  2. 諸国鍛冶中上寄

    国宗(備前三郎、正宗)、貞宗鎌倉住彦四郎)、国光(新藤五)、国光(相州山田住)、包平、国行(京来太郎)、助包、則国、邦安、国光(粟田口)、國清、諷誦、信房、有國、守家(備前後守家中也)、世安、正恒豊後住紀新太夫子、四條院御宇)、安則(和州住清新太夫)、助平、国行(當麻、後醍醐天皇御宇)、正恒備前始也、同御宇也)、友成、延房

  3. 諸国鍛冶中寄

    則宗、宗吉、光忠長光、高平、国俊了戒、国光(京来兵衛)、国次(鎌倉来號)、行信(千手院)、重弘(千手院)、正恒備前始也、後鳥羽院御宇)、包永(和州手掻住)、興福寺(和州住)、兼氏、国吉筑前號西蓮)、左(筑前隠岐濱住)、国重(相州新藤五)、国廣(同次郎)、廣光(相州住)、秋廣、則重越中佐伯住)、國泰(相州住

  4. 諸国鍛冶下上

    景光備前長船住、花園院御宇)、兼光同住、後醍醐御宇)、眞長(同住、後二条院御宇)、助宗(備前福岡住)、吉平(備前住)、吉房備前住)、信包(備前住)、眞守(備前住)、光包(同州住、花園院御宇)、貞眞(備前住)、吉眞(備前住)、助真備前住)、景秀備前住)、元重備前住)、信正(備前住)、近包(備前住)、吉包(備前住)、高包(後鳥羽院御宇)、實阿(筑前住)、則房(備前住)、助成(備前住)、行國(同住)、守次(同住)、正恒同住、順徳院御宇)、貞次(備中住)、恒次(同住)、次家(同住)、國村(肥後住)、国吉同次郎)、國時()、有成(河内國住)、為吉(伯耆國住)、国光(越中住、後醍醐天皇御宇)、助真相州住山内、亀山院御宇)、景長(因州知頭郡住)、吉則(出雲住)、正家(備後住)、國安(越前来千代鶴)、行仁(薩摩住)、月山(奥州住)、則長(和州尻掛住)、貞國(相州山内瀧四郎)、友光(和州住)、雲生(備前住)、雲次(同住始也)、国重(和州住長谷部)、国信(同住)、定利(平安城住)、有國(同住)、兼永(京三條住)、則高(備中住)、安次(同住)、俊行(和州當麻)、国吉来国行)、国永平安城)、国綱肥後菊池住始也

  5. 注進物
  6. 可然物
  7. 新作物
  8. 後鳥羽院鍛冶結番次第
  9. 大和國當麻系図 デジコレ
  10. 手掻物 デジコレ
  11. 山城國鍛冶系図
  12. 粟田口系図
  13. 新御所作
  14. 河内國 デジコレ
  15. 摂津國
  16. 美作國
  17. 備前一文字系図
  18. 備前直宗一流
  19. 備前大宮系図
  20. 備前長船物
  21. 備中國 デジコレ
  22. 備後國
  23. 安芸國・周防國・長門國・丹波國・但馬國
  24. 因幡國・伯耆國・出雲國
  25. 石見國・豊後國・豊前國・肥後國延寿・肥前國・筑後國・筑前國・大隅國・薩摩國 デジコレ
  26. 阿波國・讃岐國・伊豫國・土佐國・紀伊國・美濃國・三河國・遠江國・駿河國・信濃國
  27. 相州新藤五一流重 デジコレ
  28. 武蔵國・下野國・出羽國・奥州
  29. 近江國・越前國・若狭國・加賀國・能登國・越中國・越後國
  30. 未勘國
  31. 諸国同銘記之近代除之 デジコレ
  32. 諸国鍛冶風情 デジコレ
  • ※元の奥書が入る(内容は上と同文)
  • ※以下、著名刀工について個々詳しく述べる内容が続く
  1. 天国大和宇多郡 デジコレ
  2. 安則同國
  3. 国行・俊行・友清・友綱同國
  4. 行信・重弘同國 此兩人兩流ノ祖師ト云 デジコレ
  5. 則長同國
  6. 包永同國
  7. 貞吉・貞清・貞宗同國良吉カ子
  8. 宗近京三條 デジコレ

    一條院御宇 永延比
    太刀ノ姿カレタリ。切先ツゝマヤカナリ。庵中鍛柾目イカニモ濃ヤカ也。地色黒ク荒色有テ。ヒカリ有。口傳云。始メハ地色白メ也。中比ヨリ鍛上手ニ成テ靑クキラメキ有。其後ハ地色靑クスミタリ。老後ノ比ハ地色アヲケレトモトロメキ子ハキ色有。太刀ノ鎬少ヒロキ物也。大略ヒヲカク也。細直刄ニ小アシヲ焼イルゝ也。小亂モノタレモ有。コシモトヲ細刄ニ焼テ。總ハヒロスクハモ有。ニヘ多シ。ナカコ崎ヘ細クスル也。スチカイ鑪。ナカコ崎ケンカシラノ如ク切モ有。丸キモ有。ミ子ハカクニメニク有。メイノ打様三條宗近ト四字ニモ打。宗近ト二字メイニモ打。三條ト打モ有。注進ニ入。

  9. 吉家三條宗近子ト云或ハカクシ銘トモ云
  10. 兼永在国カ子三條住
  11. 国吉来太郎国行カ父也
  12. 国行来太郎

    (前略)名物太刀不動国行。長サ一尺九寸九分也。彼小太刀ハキウラ。ハゞモトニ櫃有。不動一體アリ。ヒツノ上ニヒロキヒニ細キヒソヘタリ。ハキヲモテノコシニヒツクリカラ有。其ヨリ上大ヒ小ヒ有。ヲモテノ如シ。彼太刀ノハタラキ筆ニモツクシカタシ。

  13. 国俊来孫太郎
  14. 国光来兵衛 デジコレ
  15. 国次
  16. 定利綾小路彌太郎
  17. 國長中島来 デジコレ
  18. 光包戸津来
  19. 了戒
  20. 信国
  21. 国友藤林 粟田口
  22. 則國藤右馬允
  23. 国吉 デジコレ

    (前略)此作ノ名物ヌケ国吉也。但シ地ハタワルク不出来也。嘉吉元年ニキトク有テ名物ト也。口傳。

  24. 久国藤次郎
  25. 国安
  26. 國清
  27. 有國藤五郎
  28. 国光
  29. 吉光藤四郎

    伏見院御宇 正應比
    太刀ノ姿細ク。鎬高クセハク作ル也。切先モ太刀ノサウヲウニツレテ尋常也。庵丘也。鍛柾メ地色アヲク見ヘテソコ荒色有。細直ハヲ焼。細キノタレハヲモ焼也。太刀ハニヘ荒ク多シ。刄色イカニモ白ク雪ノ如シ。此作ノ太刀希也。粟田口何レモ柾メ也。此作モ柾メナレトモ。刄フチヨリ地カ子ソカリテ。ミ子ノカタヘハマサメ也。刄ノ上ヨリ地カ子半分マテハ板メノ鍛有。上々ノ出来物ニハ板メノ木ハタナシ。板メノ鍛ノ打ちニトモヘノ如ク成木有。ナシハタ成鍛モ有。鍛ノ極意板メト柾メトノ木ノカトヲケツリタル如シ。刀ハホウシカヘリヲミシカクヤク也。長ク焼下タルニハホウシノ形ヲサノミトカラス様ニソトノラル心ヲ焼也。カヘリヲミシカク焼ハホウシノ形ヲトカル様ニウツクシク焼也。刄ノ事ハゝキモトヲ少シタルゝ個々とニ焼出〆。捻ハ直刄ニ焼也。フクラヲソト細キ心ニ焼テ。先ノツヨク見ユル様ニ焼也。刄ヲヤカヌ以前ニスヤキヲスルト有。祕事也。刀ノ作自然ニ薄クモアレトモ。大略カサ子アツニ先ヘ何友ナクトカル心ニ作ル也。少サシウツフク心有。名物薬研ヘシ。小亂北野ムメイヲヤコ庖丁カイキリ。鯰尾新身此分也。中心ノ長サモ大方定マリ有。ナカコノソリタルニハ寸法ナシ。口傳可祕。

  30. 国綱 デジコレ
  31. 国宗鎌倉 備前三郎
  32. 国光新藤五
  33. 行光
  34. 正宗 デジコレ
  35. 貞宗
  36. 秋広
  37. 国重長谷部
  38. 義弘越中 デジコレ
  39. 則重越中佐伯
  40. 国光故入道越中宇津
  41. 定秀豊後
  42. 行平
  43. 正恒 デジコレ
  44. 神息豊前國宇佐宮社僧ト云々

    (前略)平城第七ノ宮御宇。刀ノ作者ト云。見様ノ口傳重々。

  45. 國村延寿太郎
  46. 国綱菊池
  47. 正国波平
  48. 行仁
  49. 西蓮筑前 デジコレ
  50. 實阿
  51. 三池傳多筑前
  52. 眞守

    嵯峨天皇御宇 弘仁比
    太刀ノ姿。鍛板メ腰本ノソリ高シ。庵丘也。地刄色ハセヤカニ白シ。ニヘ有コマヤカナリ。私ニ云。木枯二尺六寸ハカリノ太刀也。ヲモテウラ共ニ長キヒヲカク。フトキヒ一スジ宛也。先ハ刄取分細ク。太刀ノソリ高シ。ウラカレ也。ムカシヨリ銘ノ物ト云。覺ヘノトヲリヲ書也。但シ安綱モ右同前也。

  53. 正家備後
  54. 直綱石州
  55. 国光但馬 デジコレ
  56. 景長因幡小鍛冶
  57. 吉則・清訓・雲生・盛則・永則
  58. 則宗備前
  59. 助宗則宗次番
  60. 友成 デジコレ
  61. 包平
  62. 延房
  63. 光忠
  64. 長光
  65. 景光
  66. 兼光 デジコレ
  67. 長義
  68. 貞眞
  69. 守家
  70. 眞守
  71. 正恒 デジコレ
  72. 眞長
  73. 雲次
  74. 助真
  75. 助吉
  76. 元重
  77. 次家
  78. 恒次 デジコレ