蜂須賀正宗

※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

蜂須賀正宗(はちすかまさむね)  

短刀
朱銘 正宗
名物 蜂須賀正宗

  • 表に独鈷付剣、裏に梵字護摩箸を彫る。
  • 目釘孔2個

由来  

  • 蜂須賀正宗の異名があるが、由来は不明

来歴  

蜂須賀家  

  • 戸田氏鉄が拝領した時点ですでに「蜂須賀」の号がついており、恐らく蜂須賀家由来のものが将軍家に献上されたものと思われる。

戸田氏鉄  

  • 寛永14年(1637年)島原の乱の戦功により、戸田氏鉄が将軍より拝領したもの。
  • この時、万座の中で「短刀か3万石、いずれか望みの褒美をやろう」といわれ、さすがに3万石は言い出しかね、この短刀を所望したという。

    五月四日氏鐵公には大垣発駕、十一日江戸に着し、十三日登城して征討の始末を復命あり。(将軍病中にて謁見の儀無し)超えて十月二十七日将軍家光、氏鐵公を召出して、大に軍功を賞せられ、佩ぶる所の正宗の短刀(蜂須賀正宗と稱す長八寸三分)を手自ら賜ふ。又二子淡路守氏經、六子三郎四郎氏照にも謁を賜ふ。

  • のち大垣藩主戸田家に伝来した。
  • 関東大震災の折には同家にあった刀が三百ほど焼けてしまったが、この正宗を含む七十ほどが残った。
  • 一日見ても飽きないほどの出来であることから、日光東照宮の日暮の門(陽明門の別名)になぞらえ「日暮しの短刀」と名付けたという。
  • 昭和12年(1937年)6月29日に重要美術品認定。

    短刀 無銘伝正宗 伯爵戸田氏直
    (昭和12年文部省告示第二七〇號)