矢目行光

※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

矢目行光(やめゆきみつ)  

短刀
刃長九寸一分

  • 享保名物帳所載:名物追加

    矢目行光 長九寸一分 佐竹修理太夫殿
    紀州殿より贈られると云

  • 平造り、中心うぶ、ひょうたん形の目釘孔1個。

由来  

  • 差表区より二寸上の棟よりに、「矢目」つまり矢の根の痕があるのにちなむ。
  • この矢目は、水戸頼宣が大坂の役で敵から受けたものという。
    徳川頼宣は冬の陣では天王寺付近に布陣、夏の陣でも天王寺・岡山の戦いで後詰として参陣しており、敵との直接戦闘はないためこの逸話は誤伝とされている。
     しかし、紀州家の記録では家康本陣の後ろを尾張義直の軍勢が、さらにその後を頼宣の軍勢が進んでいたとする。頼宣は途中からわずかばかりの供回りを率い尾張勢を追い越して本陣に至ったという。

来歴  

徳川頼宣  

  • 由来からすると、大坂の役のころは水戸藩主であった徳川頼宣所持。
    徳川頼宣は慶長8年(1603年)に常陸水戸20万石、慶長11年(1606年)に元服、慶長19年(1614年)の大坂冬の陣で初陣。元和5年(1619年)に紀伊国和歌山55万5千石に転封し、紀州徳川家の祖となった。
  • 慶安2年(1649年)付けの百枚の折紙がついている。

佐竹家  

  • 後年紀州家から秋田城主佐竹家に贈った。
  • 贈られた時期は不明だが、出羽久保田藩3代藩主の佐竹義処の長男、修理大夫義苗の夫人は紀州大納言光貞の娘育姫(8代将軍徳川吉宗の姉にあたる人物)で、元禄元年(1688年)に婚約している。その関係で婿引出として送られたとみられる。
    なお佐竹義苗の生母は松平直政の娘の宝明院鶴姫。しかし義苗は元禄12年(1699年)29歳で父に先立って亡くなっている。次弟・相馬叙胤はすでに陸奥相馬中村藩の養子となっていたため、末弟・義格が嫡子となり、のち家督を継いだ。
  • 明和4年(1767年)9月、本阿弥光蘇が秋田に行き佐竹家の蔵刀を鑑定している。
  • その時の記録によると偽銘であったため研ぎ直して相州貞宗百五十枚と極め直したという。

    名物 矢目行光
    長さ九寸一分
    但似銘なり。表まちより一寸上に矢目あり。両方ふくらより上、帽子かへりあらし。

  • 以後も佐竹家に伝来。