烏丸光広


※当サイトのスクリーンショットを取った上で、画像引用元などと記載してブログやSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

烏丸光広(からすまみつひろ)  

江戸時代前期の公卿・歌人・能書家
正二位権大納言

Table of Contents

生涯  

  • 天正7年(1579年)に准大臣烏丸光宣の長男として生まれる。
  • 正室は鶴姫。
    江戸重通の娘で結城晴朝の養女。結城秀康の未亡人。
  • 光広は天正9年(1581年)、わずか3歳で従五位下に叙され、さらに弁官や蔵人、慶長4年(1599年)には従四位下蔵人頭を経て、慶長11年(1606年)1月参議に任じられて公卿に列している。
  • この間、慶長5年(1600年)には細川幽斎から古今伝授を受けている。
  • その後も昇進し、慶長13年(1608年)には従三位、翌年には 左大弁に遷任している。
  • しかし慶長14年(1609年)に猪熊事件(侍従猪熊教利による女官密通事件)に連座して後陽成天皇の勅勘を蒙り、官を止められて蟄居を命じられた。
  • 同16年(1611年)4月に勅免されて還任し、慶長17年(1612年)に権中納言に転任して翌年に正三位に昇叙。元和2年(1616年)2月には権大納言に進み、同6年(1620年)1月正二位に昇った。
  • 寛永15年(1638年)7月13日に薨去。享年60

公武の交渉担当  

  • 後水尾上皇からの信任厚く、公武間の連絡上重要な人物として事あるごとに江戸に下り交渉を行った。

文化人  

  • 和歌や書・茶道を得意とし、細川幽斎から古今伝授を受けた二条派歌学を究め、将軍・徳川家光の歌道指南役をも勤めている。

      烏丸殿
    一、香炉 付 香合 ホテイ
    一、肩衝 北野
    一、墨跡 無準
    一、天目
    (天正名物記)

  • 本阿弥光悦や俵屋宗達など江戸の文化人と交流があり、また、清原宣賢に儒学を学び、沢庵宗彭・一糸文守(いっしもんじゅ)に帰依して禅をも修めている。
  • 「細道屏風」をはじめとした俵屋宗達作品の賛を書いている。
    清原宣賢は公家で学者。吉田兼倶の三男で、のち明経博士だった清原宗賢の養子となる。正三位少納言。娘の智慶院は三淵晴員に嫁いで細川藤孝(幽斎)を産んでおり、もうひとりの娘清原マリアは細川家に奉公して明智珠(後の細川ガラシャ)の侍女となり、洗礼を授けている。
  • 寛永3年(1626年)勅使として江戸にいた光広は平将門の伝説を知り、帰京して天皇に「将門は朝敵に非ず」と奏上。これにより、将門は朝敵の汚名を返上した。
  • 光広は屋敷の前を通る牛飼を事あるごとに止め、その牛を雇って遊郭に通っていた。しかも、車の上に毛氈を敷き、酒肴を設けて自若として通っていたという。

系譜  

【日野家】                ┌日野富子 ┌冬光
日野資康─┬日野重光─日野義資─日野重政─┴日野勝光─┴日野政資─日野内光
     └烏丸豊光─烏丸資任─烏丸益光─烏丸資敦─烏丸勝光━烏丸冬光─┐
      【烏丸家】                         │
┌───────────────────────────────────┘
│
│                
│                ┌─六角広賢…【高家六角家】
└─烏丸光康烏丸光宣烏丸光広─┴─勘解由小路資忠…【勘解由小路家】
              ├────烏丸光賢──裏松資清…【裏松家】
            村上頼勝娘    ├──┬烏丸資慶────┬─烏丸光雄
             細川忠興 ┌─まん  └やや(正受院) └─房(松井直之室)
               ├──┴─細川忠利  │
             明智玉子    ├──細川光尚─┬細川綱利
              小笠原秀政─千代姫      └細川利重

嫡男:中納言烏丸光賢  

  • 母は、父烏丸光広の側室である村上頼勝の娘。
    村上頼勝は、丹羽長秀、秀吉などに仕えた武将で、堀秀政の与力を経て堀秀治に仕える。堀秀治の越後転封に従い越後本庄城(村上城)9万石を与えられる。秀吉薨去の際、左文字を与えられている(村上周防守)。関ヶ原では東軍に与して本領安堵され、越後村上藩主となったが、子の村上忠勝の代に改易された。
  • のち細川忠興の娘まんと結婚し、烏丸資慶を産んでいる。
    なお烏丸光賢の娘ややは、従兄の肥後熊本藩第2代藩主・細川光尚に嫁しており、烏丸家と細川氏の縁戚関係は深い。

次男:六角広賢  

  • 六角を名乗る。
  • 正妻は桂昌院の異母兄である本庄道芳の養女で、さらに広賢の長男である六角広治は正室として本庄宗資の娘(桂昌院の兄系)を娶り高家六角家初代当主となった。
         ┌─勘解由小路資忠【勘解由小路家】
         ├─烏丸光賢【烏丸家】
    烏丸光広─┴─六角広賢【高家六角家】
            ├────六角広治
    本庄宗正─┬─本庄道芳養女 ├───六角広豊
         ├─本庄宗資─┬─娘
         │      ├─松平資俊(松平本庄家)
         │      └─牧野康重
         │
         └─桂昌院(玉)
            ├────徳川綱吉
           徳川家光
    
    

子:資忠  

  • 藤原北家日野流・勘解由小路家を興した。

関連項目