本阿弥光忠

※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

本阿弥光忠(ほんあみこうちゅう)  

本阿弥家十三代当主
三郎兵衛
忠陳

生涯  

  • 本阿弥宗家十二代光常の養子となる。
  • 通称は三郎兵衛。諱は忠陳。
  • 享保10年(1725年)9月20日没。
  • 折紙は元禄9年(1696年)12月~享保10年(1725年)。
  • 12代光常とともに「元禄折紙」または「元禄金銘」「元禄朱銘」と呼ばれる。

享保名物帳  

  • 八代将軍吉宗の命により、享保4年(1719年)11月に享保名物帳を献上したとされる。
  • 光忠は、収集した情報を記録し「享保書上げ」という刀工調書にまとめた後、さらにそれを整備したものを献上している。前者を副本と呼び、後者(献上分)は正本と呼ばれている。
  • 詳細は「享保名物帳」の項を参照のこと。

関連項目