最明寺殿評定分

※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

最明寺殿評定分(さいめいじどのひょうじょうぶん)  

  • 北条時頼のときに名のある刀工を選んだもの。
  • 「最明寺殿被評定分」

概要  

  • 5代執権北条時頼は、在職寛元4年(1246年)~建長8年(1256年)。
    • 戒名の最明寺道崇による。
  • 泰時評定分11工を除き、新たに22刀工を選定している。
    時頼の手による12ヶ条の裏書(「造忠心・作銘見分様」「太刀刀中心一夜に尤成様」など)もなされている。

刀工一覧  

  • 大和安則、河内有成、遠江関東、相州国弘、貞国、奥州行重、雲同、月山、盛国、伯耆為清、日乗、備前正恒助包、国盛、助盛、備前友成、筑後三池光世、豊前定秀、家重、豊後行平、薩摩正国、行仁。

定秀豊後
家重
正国薩摩波平
行重舞草奥州
有成河内
行平豊後号紀新太夫
正恒備前
助包備前
国弘相州沼間住藤源次
関東遠江国住人、遠江国トモ打、円修院トモ打
国盛備前大宮ト打
助盛備前国盛子
光世筑後三池田多
行仁薩摩法師
雲同奥州、後白河院之御宇或山内斎藤太夫
月山奥州或出羽秀平鍛冶
為清伯耆国□□三郎太夫
日乗伯州長江住法師
盛国大同年中鍛冶眞云々、奥州又和州
貞国相州山内瀧四郎太夫
友成備前
安則和州

写本  

評定分