新刀弁疑

新刀弁疑(しんとうべんぎ)  

慶長以来新刀弁疑
鎌田魚妙が出版した刀剣書
新刀を慶長以来と定義付けた
新刀辨疑

Table of Contents

概要  

  • この中で、「慶長以来」とはっきり時期を明示したことで、この後慶長以降に作刀された刀を「新刀」と呼ぶことが広まった。
  • さらに、二巻三巻で位列を示しており、ここでは上々作、上作、上之中作、上之下作、中之上作、中之中作、中之下作の7つに分類している。

概要  

上々作列  

上作列  

  • 吉道、包保、國貞、貞則、治國、秀興、真了、吉道、國路、國助、久道、國光、正則、國平、國貞、正房、國平、吉道、祐國、久道、忠綱、忠吉、直道、正俊、信吉、包保、忠広、忠綱、金道、正近、國重、國康、忠行、國包、清信、君作、長吉、綱宗、正広、行廣、重次、國重、國重、忠國、國次、國重、忠廣、國虎、宗重、國貞、助廣、輝廣、包貞、安定、為康、歳長、弘幸

上之中作列  

中之上作列  

中之中作列  

中之下作列  


写本  

増補版  

  • 増補訂正した内容で八冊本として出版したもの。
  • 「中心(なかご)軌範」が大幅に増やされている。

新刀弁疑略(しんとうべんぎりゃく)  

  • 「新刀弁疑」が大部になったため、鎌田魚妙の子である真鰭(まひれ)が押形のみを抜粋し天明7年(1787年)に出版したもの。

参考  

  • ほぼ同じ内容のものがいくつかインターネットで公開されている。

埼玉県立図書館所蔵本  

  • 序文

    安永八年歳在己亥夏六月念八日
    四明井仲龍撰
    東江源鱗書

  • 奥書

    鎌田三郎太夫著
    安永八年己亥歳九月吉日
    剞劂師 井上新七
        井上清蔵
    書肆  日本橋通三丁目 前川六左衛門
        芝明神之前   山田屋三四郎
        日本橋通    山田屋藤助

    四明井仲龍:井上四明? 東江源鱗:沢田東江

  • 内容 七巻本
  1. 或問
  2. 位列:上々作、上之上作、上之中作、上之下作
  3. 位列:中之上作、中之中作、中之下作
  4. 刄鑑、中心軌範 畿内
  5. 中心軌範 畿内、東海道
  6. 中心軌範 東山道、北陸道、山陰道、南海道、西海道、國不知
  7. 附録 角野壽見一書

バイエルン州立図書館所蔵本  

  • 序文(同上)
  • 奥書

    鎌田三郎太夫著
    安永八年己亥歳九月吉日
    剞劂師 井上新七
        井上清蔵
    皇都書肆 三條高倉東入  髙井勘兵衛
         新町通姉小路上町 中江久四郎
    江府書肆 日本橋通三丁目  前川六左衛門
         芝明神之前    山田屋三四郎
         日本橋通     山田屋藤助

    四明井仲龍:井上四明? 東江源鱗:沢田東江

  • 内容 七巻本
    • 同上

山内文庫所蔵本  

  • 序文(同上)
  • 奥書

    鎌田三郎太夫著
    安永八年己亥歳九月吉日
    剞劂師 井上新七
        井上清蔵
    皇都書肆 三條高倉東入 髙井勘兵衛
         寺町通松原下町 勝村治右衛門
    浪速書肆 中橋瓦町南入 扇屋利助
    江府書肆 日本橋通三丁目 前川六左衛門
         同所壹丁目   須原屋茂兵衛

  • 内容 七巻本
  1. 或問(15)
  2. 位列:上々作(46)、上之上作(48)、上之中作(51)、上之下作(59)
  3. 位列:中之上作(74)、中之中作(82)、中之下作(88)
  4. 刄鑑(102)
  5. 中心軌範 畿内(106)
    1. 埋忠明寿(106)
    2. 堀川国広・国儔・国安・国路(111)
    3. 金道・越中守正俊・丹波守吉道・近江守久道(117)
    4. 越前守源信吉(128)
    5. 和泉守国貞(132)
    6. 井上真改(136)
    7. 加賀守真則(142)
    8. 北窗治国(144)
    9. 津田越前守助広(146)
    10. 近江守助直(153)
  6. 中心軌範 畿内
    1. 近江守粟田口忠綱(161)
    2. 丹波守吉道(165)
    3. 大和守吉道(168)
    4. 丹後守兼道()
    5. 藤原河内守国助(173)
    6. 伊勢守国輝(178)
    7. 陸奥守包保(181)
    8. 越後守包貞(183)
    9. 越後守信吉(186)
    10. 多々良長幸(192)
    11. 池田鬼神丸国重(193)
  7. 中心軌範 東海道(194)
    1. 長曽祢虎徹興里(198)
    2. 大和守安定(203)
    3. 近江守継平(206)
  8. 中心軌範 東山道(217)
    1. 仙臺住国包(220)
    2. 奥州住兼定(222)
    3. 水心子正秀(224)
  9. 中心軌範 北陸道(226)、山陰道(227)、山陽道(229)、南海道(240)、西海道(244)
    1. 肥前国忠吉(246)
    2. 主水正正清(259)
    3. 一平安代(262)
  10. 中心軌範 國不知(267)
  11. 附録 角野壽見一書(280)