半月丸

※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

半月丸(はんげつまる)  

太刀
在銘
長二尺二寸八分

由来  

  • 少し乱れた直刃に半月形の打ち除けがあったためという。

来歴  

  • 元は禁裏所蔵という。
  • 江戸時代に、小浜藩主の酒井家が拝領したと伝える。
  • 一説に、若狭小浜藩の12代及び14代(最後)の藩主であった酒井忠義が京都所司代を務めた関係で拝領したという。※小浜藩酒井家13代、15代。
    • 酒井忠義は京都所司代を2回務めている。
    1. 一度目:天保14年(1843年)11月3日~嘉永3年(1850年)7月28日まで
    2. 二度目:安政5年(1858年)6月26日~文久2年(1862年)6月30日まで
    • 一度目は仁孝天皇、二度目は孝明天皇である。忠義拝領であるとすれば、幕末に禁裏から酒井家へと下賜されたことになる。
  • 明治期に靖国神社遊就館に出品されたことがある。当時酒井伯爵所蔵。

異説:山中幸盛所持  

  • 三日月宗近と同様に、本刀にも山中幸盛(鹿之助)所持という伝来がある。

御物宗近  

  • なお現在御物の宗近で、小浜藩酒井家16代の酒井忠道が明治42年(1909年)9月の北陸巡行の際に、東宮(後の大正天皇)に献上され、さらに東宮から明治天皇に献上された太刀がある。
  • 同物ではないかと思ってしまうが、長が全く異なり、この御物は刃長78.5cm、反り2.8cm。「宗近」二字銘となっている。目釘孔は2個。
  • 酒井忠義は娘の稜子に旗本酒井忠欽の四男忠氏を迎え家督を譲っている。忠氏は、のち病を理由に家督を父の忠義に譲って隠居。その後家督は、嘉永4年(1851年)生まれの長男である忠道に譲られた。御物の宗近はこの忠道から献上されたもの。
  • 小浜藩酒井家の家督遷移(藩主代数とは1つずつずれる)
  1. 13代酒井忠義:天保5年(1834年)~文久2年(1862年) ※宗近拝領か
    小浜藩主12代。忠義は文久2年(1862年)「忠禄」に改名
  2. 14代酒井忠氏:文久2年(1862年)~明治元年(1868年)
    小浜藩主13代
  3. 15代酒井忠禄(忠義):明治元年(1868年)~明治2年(1869年)
    小浜藩主14代再勤
  4. 16代酒井忠道:明治17年(1884年)叙爵 ※明治42年(1909年)に宗近献上
  5. 17代酒井忠克:大正9年(1920年)襲爵
  6. 18代酒井忠博:昭和14年(1939年)襲爵