凌正宗

※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

同名刀が二口ある。

  1. 【凌正宗】:加賀前田家伝来。享保名物帳追加の部所載。
  2. シノキ正宗:太閤御物埋忠本所載。明暦の大火で焼失か。
Table of Contents

凌正宗(しのぎまさむね)  

太刀
無銘 正宗
刃長二尺三寸二分

  • 享保名物帳(追加の部)

    凌 寸合分らず
    光榮取出し光室極めなり

  • 詳註刀剣名物帳

    この刀太刀とも短刀とも分らず凌と云刀なるべし。シノギ藤四郎の事か。光榮は平十郎の家にて榮二郎の前代なり。慶長より寛永ごろ。光室は本家の十代目これも慶長より寛永なり。

    • 「光榮取出し光室極めなり」の本阿弥光栄とは本阿弥光室の兄弟にあたる人物という。
      極めの記載がなく寸法も不明なため、詳註刀剣名物帳では伊達家伝来の短刀「鎬藤四郎」と同物ではないかとしているが、現在では追加の部の「凌」は、「凌正宗」のこととされている。
  • 宝剣名物

    凌ノ刀
    二尺三寸一分九厘

由来  

  • 凌ぎ造りにちなむ。

来歴  

  • 加賀前田家所蔵。
  • 無銘だが「正宗」と金象嵌が入る。
  • 本阿弥家による百五十枚の折紙付き。
  • 前田家では将軍家への献上用として用意され、拵えもつけてあったという。



シノキ正宗  


磨上無銘正宗
長二尺一寸

  • 同名で別物の刀。
    • 加賀前田家に伝わった長二尺三寸二分の正宗には献上用の拵えが用意されていたという。長さも異なる上、一度焼けたものを献上するとは考えにくい。
    • 享保名物帳の記載についても、長も不明でこの太閤御物と同物なのかどうかもわからない。ただし天正11年(1583年)生まれの本阿弥光室が極めることは考えにくいため、享保名物帳所載刀とは別物とする。
  • 磨上無銘
  • 目釘孔3個

来歴  

秀吉  

  • 秀吉の所持(太閤御物)。
  • 焼けたことを示す「ヤ」が付けられており、大坂落城の折に焼けたことがわかる。

徳川将軍家  

  • 同物かどうかは不明だが、明暦の大火で焼けた「シノキ正宗」がある。
  • これが恐らく太閤御物が徳川家へと伝わったものではないかと思われる。仮に同物だとすれば、元和元年(1615年)と明暦3年(1657年)の二度焼けたことになる。