倶利伽羅正宗

※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

倶利伽羅正宗(くりからまさむね)  

短刀
名物 倶利伽羅正宗
八寸四分
個人蔵

  • 享保名物帳所載

    倶利伽羅正宗 無銘長八寸四分 代五千貫 紀伊殿
    表樋の中に倶利伽羅、裏梵字、蓮花有之、小出来にて大稲妻あり、松平紀伊守隠居の時上る、二百枚なり、家綱公為御遺物紀伊殿へ被遣

  • 表に倶利伽羅竜の彫り物が入る。

由来  

  • 倶利伽羅竜の彫り物より名付けられる。

来歴  

浅野家  

将軍家  

  • 長晟の子の浅野光晟は、寛永9年(1632年)11月に父の遺物として正宗を献上している。

    十一月朔日月次拜賀例の如し。松平安藝守光晟。淺野内匠頭長直。南部山城守重直襲封を謝し。光晟は父但馬守長晟遺物正宗の脇差。玉堂の茶入。

紀州徳川家  

  • 家綱が薨去すると、延宝8年(1680年)6月その形見として紀州徳川家光貞へ贈られた。

    廿七日寺の御法會結願により。此日方々に遺物ををくらせ給ふ。紀伊中納言光貞卿に。倶利加羅正宗の小脇指に芝靈石の墨跡。安宮に茶壺(夏衣)。雪村筆花鳥屏風。

  • 昭和9年(1934年)2月紀州徳川家の売立のさい、4190圓で落札された。
  • 現存し、個人所蔵。