中島喜代一

※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

中島喜代一(なかじまきよいち)  

日本の実業家
中島飛行機の2代目社長

生涯  

  • 兄は中島飛行機の創業者中島知久平。
           夫人
    中島粂吉    ├───┬中島源太郎─┬長男
     ├───┬中島知久平 └娘     └中島洋次郎
    いつ   │
         ├中島喜代一
         ├中島門吉
         ├中島乙未平
         └中島忠平
    
    中島知久平
    中島知久平は、海軍機関学校を卒業後、海軍大尉。海軍大学校を卒業し、米国において日本人で3人目となる飛行士免状取得し帰国。のちの中島飛行機を設立し、衆議院議員となる。豊富な資金を元に立憲政友会で派閥を形成し、第1次近衛内閣の鉄道大臣、東久邇宮内閣で軍需大臣および商工大臣を歴任する。戦後A級戦犯に指定されるが、2年後に解除。昭和24年(1949年)脳出血により泰山荘にて死去。

    中島飛行機
    中島飛行機株式会社は、大正6年(1917年)~昭和20年(1945年)まで存在した日本の航空機・航空エンジンメーカー。創業者は中島知久平。エンジンや機体の開発を独自に行う能力と、自社での一貫生産を可能とする高い技術力を備え、第二次世界大戦終戦までは東洋最大、世界有数の航空機メーカーであった。第二次大戦後に同社は富士産業株式会社と改称する。のちGHQによって航空機の生産はもとより研究も禁止され、また軍需産業に進出できないよう中島飛行機は12社に解体された。後に中島飛行機系の主要企業の統合により富士重工業が設立され、2017年にSUBARUへと商号変更した。
  • 高等商船学校の航海科卒業。

中島飛行機  

  • 大正9年(1920年)に中島飛行機に入所。
  • 昭和元年(1926年)東京工場長となる。
  • 昭和5年(1930年)に長兄知久平が第17回衆議院議員総選挙に立候補して当選したのを受けて、翌昭和6年(1931年)1月から喜代一が中島飛行機製作所の社長となる。
  • 終戦間近の昭和20年(1945年)4月1日には第一軍需工廠となり事実上国営化される。
  • 8月16日、終戦とともに全工場の返還を受け、中島飛行機は富士産業株式会社と改称する。同年8月22日、弟の中島乙末平が社長に就任している。

赤羽刀  

  • 終戦後商工大臣であった兄の知久平から、「日本刀は武器とみなされ一般命令第一号により日本に進駐してきたGHQによって没収される」という話が漏れ伝わる。
  • 中島喜代一はそれを本間順治らに連絡している。これが元となっていわゆる日本刀を美術品としてみなし保存する動きが始まる。※詳細は「赤羽刀」の項参照
  • 中島喜代一は、昭和22年(1947年)に死去。50代であったという。

富士重工業からSUBARUへ  

  • 富士産業株式会社は、昭和25年(1950年)に財閥解体される。しかし昭和27年(1952年)4月サンフランシスコ講和条約が発効後に富士重工業株式会社となった。2017年4月に株式会社SUBARUへ改称。

刀剣  

  • 中島喜代一は昭和初期の頃から刀剣蒐集を行っている。
  • のち本間順治石黒久呂につき国宝級の名刀を集めた。

逸話  

  • 昭和十二・十三年ごろ、本間順治氏を囲んで講義を聞く観和会というものを開いていた。ここに中島氏も参加しており、あるとき赤坂山王にあった星ヶ丘茶寮で開催したという。
  • ここで参加者が口々に中島氏を攻撃し始め、「このごろは君がみんなわれわれのほしい刀を買い占めてしまうから、われわれの手にはいらん、だから少し遠慮してくれ」といったところ、中島氏は「私は何もそういうつもりで買っているのではない。自分は忙しくてよそへ行って勉強できないから、自分の家に帰ってきた時にそばに刀をおいてそれで勉強したい、そのために買うんだ」と答えたという。
  • そこで、参加者であった渡辺氏(渡邊三郎)が「それじゃ勉強がすんだら手放してもいいんじゃないか」というと、中島氏は「勉強のすんだものだけは手放してもけっこうですよ」といってしまう。さらに別の参加者が「それじゃ勉強のすんだものは、あなたが先に見たことだからその料金を割引してわれわれに譲ってくれてもいいんじゃないか」と迫ったため、中島氏は「それでけっこうです。それじゃ私の買った値段の一割を引いて差上げます」と言わされてしまったという。
  • そこで後日、井の頭線の富士見丘にあった中島邸に押しかけ、蔵刀全部を並べさせて「これはまだ勉強がすまないんですか?」とか「これはもうすんだでしょう」としつこく問いただし、中島氏も正直に「これはすんだものです」などというとその場で大分ぶん取られたという。
    三日月宗近」、「亀甲貞宗」などが、のちに渡邊三郎氏所持となったが、おそらくこういった経緯であったものと思われる。

所持刀剣  

三日月宗近
徳川家旧蔵、のち渡邊三郎氏所持となっている。天下五剣国宝東京国立博物館所蔵
亀甲貞宗
徳川家旧蔵、のち渡邊三郎氏所持となっている。国宝東京国立博物館所蔵
稲葉郷
作州津山松平家伝来。国宝。個人蔵
石田正宗
作州津山松平家伝来。重要文化財東京国立博物館所蔵
村雲江
将軍家から柳沢家、伊藤悌治旧蔵。昭和9年(1934年)12月二〇日重要美術品指定。昭和27年(1952年)重要文化財指定。個人蔵
薙刀
銘「備前国長船住人長光造」、旧蔵松平康春子爵。昭和16年(1941年)1月30日。
  • これら名物以外にも多数の刀を所持した。
太刀
太刀 銘 助次。昭和8年(1933年)10月三一日重要美術品指定。小倉陽吉旧蔵。
太刀
銘 行秀。昭和10年(1935年)5月10日重要美術品指定。島田利三氏旧蔵。
太刀
無銘 傳包平。昭和10年(1935年)8月3日重要美術品指定。子爵松平忠正旧蔵。
無銘 傳菊御作。昭和10年(1935年)8月3日重要美術品指定。子爵松平忠正旧蔵。
太刀
銘 国宗。昭和10年(1935年)8月3日重要美術品指定。富山県近郷重孝氏旧蔵。
太刀
銘 備前國長船兼光/延文元年十二月日。昭和10年(1935年)8月3日重要美術品指定。兵庫県河瀬虎三郎旧蔵。
太刀
銘 包永。昭和14年(1939年)2月22日重要美術品指定。兵庫県河瀬虎三郎旧蔵。
太刀
銘 則房。昭和14年(1939年)2月22日重要美術品指定。東京府子爵松平康春旧蔵。
金象嵌銘則重 本阿(花押)。昭和15年(1940年)2月23日重要美術品指定。東京府子爵松平康春旧蔵。
太刀
銘 国宗。昭和15年(1940年)2月23日重要美術品指定。東京府子爵松平康春旧蔵。
太刀
銘 眞恒。昭和16年(1941年)9月24日重要美術品指定。東京府子爵松平康春旧蔵。
無銘 傳 兼永。昭和16年(1941年)9月24日重要美術品指定。東京府小倉陽吉旧蔵。
太刀
銘 定利。昭和17年(1942年)12月16日重要美術品指定。
無銘伝来国光。昭和17年(1942年)12月16日重要美術品指定。
太刀
銘 正恒。昭和17年(1942年)12月16日重要美術品指定。
太刀
銘 吉房。昭和17年(1942年)12月16日重要美術品指定。
銘 日州之住国広作/天正四年二月 日。昭和17年(1942年)12月16日重要美術品指定。
太刀
銘 守次。昭和9年(1934年)旧国宝指定。昭和14年(1939年)12月2日。所有者変更(木挽町小倉陽吉旧蔵)。
短刀
銘 光包/延慶二年二月日。昭和6年(1931年)旧国宝指定。昭和14年(1939年)11月10日所有者変更(兵庫県河瀬澄之助旧蔵)。
太刀
銘 貞次。昭和10年(1935年)旧国宝指定(文部省告示第270號)、昭和15年(1940年)9月18日所有者変更(伊東正治伯爵旧蔵)。
無銘傳則重。昭和13年(1938年)旧国宝指定(文部省告示第256號)、昭和15年(1940年)9月18日所有者変更(伊東正治伯爵旧蔵)。
  • 子爵松平康春は、美作津山藩主松平康民の子。「童子切安綱」「稲葉郷」など多くの刀剣が伝わったが、中島喜代一を経てこの多くが渡邊三郎氏所持となり、渡邉氏の死後子息から東京国立博物館に寄贈された。

関連項目