一国長吉

※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

一国長吉(いっこくながよし)  

大身鎗
銘 長吉作
名物一国長吉
長さ43.0cm
福岡市博物館所蔵

  • 享保名物帳追加の部

    松平筑前守殿 一国長吉樋 長サ壱尺五寸二分 平安城也
    裏大樋之内ニ浮劍三鈷有之シヲクビノ所ニ八幡大𦬠ト有彫物見事也
    家之重宝也

  • 長吉は山城の平安城派の刀工
  • 穂の長さ一尺五寸二分、一尺四寸二分の二説がある。塩首の平に「八幡大菩薩」と彫り、それより先に樋の中に三鈷柄の剣を浮き彫りにする。

由来  

  • 黒田官兵衛の長子、黒田長政がこの鎗をもって武功をあげ、ついに筑前一国を手にいれたのでこの名を付けた。

    終に筑前国を領して打入給ふ時 此御鑓を一国と称し給ふと云々

来歴  

  • 黒田長様の所持。

    一国御鑓 平安城長吉
    別本ニ平安城光吉と有
    一尺弐寸二分 別本ニ一尺四寸三分
    長政公御初陣より数度の御戦功を経給ひ 此御鑓ニ而御高名多く、終に筑前国を領して打入給ふ時 此御鑓を一国と称し給ふと云々
    (御当家重宝故実)